KJ Square Co.ltd.

『ルーマニアのことならKJスクェア』
ビジネスコンサルティングを行います

english page
会社案内   > お問い合わせ   > リンク
リンクマップ リンク:ルーマニアワインの解説集 リンク:ルーマニアの情報を纏めています コンサルティングのページ
bar

ルーマニアワイン

ルーマニアはヨーロッパ、特にスイスなどでよく知られているワインの生産量世界第12位のワイン大国です。

現在は、量から質への移行で生産量は減少しているものの、ルーマニアワイン自体の品質は、 フランスは別格としてその他の生産国と比べても遜色のない高い品質レベルを維持しています。
ページバー
『ルーマニアワインとは』のご案内一覧表

ルーマニアワイン概要
ワインに関する法律
主なワインの生産地域
取引先ワイナリー紹介
コトナリ社内にあるバッカスを描写した壁面

ルーマニアは古代からのワイン産地

伝説によると、デュオニソス(ワインの神様:バッカス)はドナウ川の北、 現在のルーマニアがある地域の出身者であると言い伝えられており、 ワイン造りの歴史も紀元前からこの地で行われていました。 事実、モルダヴィア地方では5、6千年前のワインの容器が見つかっています。

このルーマニアの地にはダチア人(ダタエ人)と呼ばれる民族が定住していましたが、 西暦106年にローマ帝国の一部となりました。このローマの属州となった時代にローマ文化 を取り入れたことが、ルーマニアが東欧でも唯一のラテン国家といわれる所以です。

中世のルーマニアワイン

ルーマニアの地形や気候はワイン造りに適しており、 ルーマニアにしかない原産のブドウ品種を使った品質の良いワインが数多く醸造されています。

ルーマニアワインとして特に名高い『コトナリ』の白ワインは、 中世ヨーロッパの皇帝、国王が「モルダヴィアの真珠」、「モルダヴィアの花」と呼んで 常飲していたワインで、 15世紀、モルドヴァ公国を統治していたシュテファン大公らパトロンの奨励もあって ワインが主要産業の一つとして各国に輸出されており、その生産の中心がモルダヴィア地方にある コトナリ周辺だったといわれています。
中世実際にしようされていたブドウの圧搾器
コトナリの地下貯蔵庫

ルーマニアワインの近年

近年にも1877,8年のルーマニア王国独立の前後、ドイツ帝国より招いたカロル一世と フランス皇帝との婚姻関係もあって国際的な交流が盛んとなり、コトナリは 1873年のウィーン、 1889年のブダペストで行われた国際博覧会にて賞を授与され、 1889年のパリ万国博覧会では 最高賞のグランプリを受賞し、特にパリではブームとなりました。

ヨーロッパにおける大戦後の社会主義体制とその後の独裁政権によってルーマニアは 閉ざされた地域となりましたが、1989年の旧政権崩壊の後、 ルーマニアは民主主義・自由経済へと移行し始め、今、 そのヴェールを脱ごうとしています。
bar

ルーマニアワインの規定

ルーマニアワインにはフランスやイタリアなどの他のワイン生産国でも見られるような ワインに対する規定があります。

ルーマニアは2007年1月のEU加盟に向けて、現在でもEU基準の農業法やその他の法律の 改正などに日々取り組んでいます。

下記では、現行の規定を簡略化してご紹介しています。
ページバー
『ルーマニアワインとは』のご案内一覧表

ルーマニアワイン概要
ワインに関する法律
主なワインの生産地域
取引先ワイナリー紹介
原産地統制名称

原産地(■)と収穫状況(○)の規定

■ D.O.C.C.
■ D.O.C.
■ V.D.O.C.
■ V.S.
■ V.M.





DOCよりも高い品質基準を要求される
原産地統制名称ワイン
原産地統制名称上質指定ワイン
上質指定ワイン
テーブルワイン
○ C.M.D.
○ C.T.
○ C.S.
○ C.I.B.
○ C.S.B.
○ C.M.I.






完熟期に収穫されたもの
遅摘み
選別後収穫
貴腐菌発生後の収穫
ブドウがレーズンの様になった後に収穫
貴腐菌が発生し、完熟した後に収穫
ブドウの糖分

ワインが含む糖分の割合に関する規定

▼ 辛口
▽中辛口
△中甘口
▲ 甘口




1リットルあたり4グラム未満
1リットルあたり4グラム以上12グラム未満
1リットルあたり12グラム以上50グラム未満
1リットルあたり50グラム以上
コトナリ社外観

その他の規定と調査機関

使われたブドウ品種をワイン名として使用する場合 (例:コトナリ社の「グラサ・デ・コトナリ」等)は、 その品種が85%以上使われていなければならない。

これらの規定は、農業省・国立ワイン協会・国立調査委員会によって調査・評価される。

前述の国立ワイン協会の規定によると、DOCを名乗るには白ワインの場合、最低1、2年、 赤ワインの場合は最低2、3年の熟成が必要とされ、その半期はオーク樽での熟成を義務付けている。
bar

ブドウ栽培に適した土地

ルーマニアはこれまで非常に恵まれた土地環境を求めた隣国の侵略の脅威に度々さらされてきましたが、 ブドウ畑も世紀を乗り越えて、未だに質の高いワインを生産しています。

ルーマニアは緯度的にはフランスとほぼ同じで、すばらしいワインの生産を可能にしています。 また、良いブドウが取れるため、自家製ワインを造り楽しむ家庭も決して少なくありません。
ページバー
『ルーマニアワインとは』のご案内一覧表

ルーマニアワイン概要
ワインに関する法律
主なワインの生産地域
取引先ワイナリー紹介
ルーマニアの地図と産地(赤字)

主なルーマニアワイン産地

1.コトナリ[Cotnari]
2.トゥルナバ[Turnava]
3.デアル・マーレ[Dealu Mare]
4.ムルファトラー[Murfatlar]

ルーマニアでは大きく8つのエリアに分けられ、
その中には37の産地と123の登録醸造所があります。

モルダヴィア −ムンテニア −オルテニア −トランシルバニア
バナト −クリサナ −マラムレシュ −ドブロジャー

コトナリとトゥルナバ

■ コトナリ【Cotnari】
ルーマニアの北東部、モルダヴィア地方の北西部にある。 この地域は甘口の白ワインの生産に理想的な環境で、 石灰岩の土壌と暖かい気候によりブドウの糖度を高めます。 また、貴腐菌(ボトリティス・シネレア菌)の発生があり、 11月の中頃まで可能な遅摘みにより一層の甘口ワインができます。

■ トゥルナバ【Turnava】
トランシルバニア地方のカルパチア山脈に囲まれた高原にあります。 涼しい気候のため、糖度は低く、フルーティーで主に白ワインを生産しています。
中世実際にしようされていたブドウの圧搾器
コトナリの地下貯蔵庫

デアル・マーレとムルファトラー

■ デアル・マーレ【Dealu Mare】
カルパチア山脈の南から南東に位置した緩やかな傾斜面の丘に15,000ha程のブドウ畑が広がる この地域では、日中の気温差が激しく、 柔らかい口当たりの赤ワインが生産されています。ブドウの栽培地としては理想的な環境で、 高品質のピノ・ノアール、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー等のワインを中心に生産しています。

■ ムルファトラー【Murfatlar】
黒海からちょうど数マイルの位置にあり、年間の日照時間が長く気候も安定しています。 石灰質の平野で赤・白のワインを造り、多くの企業が畑を所有する地域でもある。 近年では赤ワインの評価が以前に増して上昇しつつある地域です。
bar

名ワイナリーとの交流

KJスクェアでは、ルーマニアでも有名ないくつかのワイナリーと
「強く長い関係を」との認識を共有し、交流を保っています。

現在、買い付けを行ったワイナリーは2社のみですが、
すでにその他のワイナリーとも次の輸入に向けた話をしています。

ここでは、前回購入したワインの生産元を紹介しています。
ページバー
『ルーマニアワインとは』のご案内一覧表

ルーマニアワイン概要
ワインに関する法律
主なワインの生産地域
取引先ワイナリー紹介
コトナリSAの紹介ページ
bar

有名すぎるルーマニアワイン生産元

500年近い伝統を受け継ぎ、名産地コトナリの緩やかな丘陵にたたずむワインの生産元。 あるルーマニア人はコトナリ社のワインを指して「ルーマニアの誇り」と讃えており、 世界的なワインの大会で金賞を受賞するような質の高いワインを造っています。

詳しいコトナリ社の説明
コトナリ社のウェブサイト

コトナリ社の紹介
S.C.COTNARI SA
ビニアSAの紹介ページ
bar

有名産地のワインを広く扱う

ルーマニアのヤーシに本社・瓶詰め工場を設け、 各有名産地に畑と醸造所を設けている生産元。 フェテアスカ・ネアグラ、ピノ・ノワール、メルローなど、 数多くの原産品種・外来品種で造ったワインを揃えている。

詳しいビニア社の説明
ビニア社のウェブサイト

ビニア社の紹介
現在サイトはありません
ジドベイSRLの紹介ページ
bar

代表的なルーマニアワイン生産元

ルーマニア西部、トランシルバニア地方にあるワイン生産地ジドベイは ルーマニアにおいて「ワインの聖地」とも呼ばれる白ワインで有名な地域である。 気候は平均すると涼しいため、ジドベイのワインは果実味のある爽やかな印象を与えてくれる。

詳しいジドベイ社の説明
ジドベイ社のウェブサイト

ジドベイ社の紹介
S.C.JIDVEI SRL
ブシウムSAの紹介ページ
bar

ソコラの丘にたたずむ名門ワイナリー

ブシウム社(類似音:ブーチウム 正式名称:S.C.アグロインダストリアラ・ブーチウム・ヤーシSA)は、 ルーマニア東北部、モルダヴィア地方の中心的な都市でもあるヤーシ市街地から車で20分程走った所にある名門ワイナリーです。

詳しいブシウム社の説明
ブシウム社のウェブサイト

ブシウム社の紹介
S.C.A. Bucium SA
セルベSRLの紹介ページ
bar

赤ワインの産地、デアル・マーレの新興ワイナリー

ルーマニアの首都、ブカレストの真北に位置し、カルパチア山脈の南東側に広がる赤ワインの生産地、 デアル・マーレにて品質の良いワインを造っているワイナリーがSCサーブ・セプチャーSRLである。

詳しいセルベ社の説明
セルベ社のウェブサイト

セルベ社の紹介
S.C. S.E.R.V.E. Cepture SRL
ムルファトラー・ロマニアSAの紹介ページ
bar

太陽の光が降り注ぐワイン産地

ムルファトラル・ロマニアSAは、赤ワインの産地としてデアル・マーレと並び有名なムルファトラー地区にあり、 ドナウ川と黒海に挟まれ、付近にドナウ・デルタが佇むルーマニア南東部のドブロジャー地方にあります。

詳しいムルファトラーR社の説明
ムルファトラーR社のウェブサイト

ムルファトラーR社の紹介
S.C. Murfatlar Romania SA
 サイト内 キーワードマップ
ルーマニアの概要
一般的事項 / ルーマニアの歴史 / ルーマニアへの渡航  / 簡易観光情報とツアー会社 / ルーマニア内の交通 / 宿泊施設
ルーマニアの地勢と文化
ルーマニアの主要都市紹介 / ルーマニアの文化
日本の中にあるルーマニア
ルーマニア料理とレストラン / ルーマニアと関わりのある施設
ルーマニア ビジネス
ルーマニアビジネス 基本事項 / 事業をはじめる /  投資
ルーマニアワイン概要
ルーマニアワインに関する法律
主なルーマニアワインの生産地域
ルーマニアワイン生産元の紹介
コトナリ社 / ビニア社  / ジドベイ社 / A.ブシウム社  / セルベ社 / ムルファトラーR社
ホーム ‖ ルーマニアワインについて ‖ ルーマニアについて ‖ 会社案内 ‖ お問い合わせ
Copyright 2005-2008 KJ Square Co. Ltd. All Rights Reserved